HOME>特集>注意深い観察次第で満足できる物件に出会える

不得意な部分を探ろう

一軒家

長岡京市の不動産会社は、それぞれ得意分野があります。アパートやマンション、一戸建てや貸家などに関してはどの不動産会社でも物件情報を公開していますが、テナントや駐車場などを紹介してくれるか否か、ビジネス(経営)での賃借には重要な点でしょう。また、土地や事業用の不動産を購入したい、いわゆる不動産投資目的であれば、管理委託まで相談できるか否か、そこまで考えなければなりません。賃貸借契約のみならず、売却相談をしたい場合には、実績で選ぶこともポイントです。というのも、より多くの購入希望者に物件をアピールする活動次第で、売却までの期間に差が生まれるからです。こうした得意・不得意をしっかり確認しましょう。

内覧は必ずしておく

提携不動産会社の規模であったり、指定流通機構への登録など、不動産売却においては刻々と変化する状況に合わせた売却活動を担う、そうした不動産会社を選ぶことが大事だと言います。長岡京市の近隣への営業活動をはじめ、オープンハウスなどによるアイデアある宣伝も必要になります。ちなみに、買主への引渡し前に引越しを済ませるだけでなく、住宅ローンの抵当権がついている場合には抹消手続きも必要になる点に気をつけましょう。残代金の受領と同時に、引渡し、売却完了の流れです。近年では、インターネットが情報収集の手段として利用されていますが、実際、間取図だけでは把握できないものと理解しましょう。同じ6畳でも、天井高、窓の大きさなどによって感じる広さは違うので、必ず内覧をしましょう。